土地家屋調査士の仕事の流れ

土地家屋調査士の仕事の流れ

土地家屋調査士の仕事内容と役割についてご紹介したところで、実際の仕事の流れについてご紹介していきましょう。
《表題登記について》
まずは、土地家屋調査士の業務内容の代表格ともいえる、不動産の「表題登記」を行うために必要となる計量をして図面を書いて、
登録申請書を書いて登録手続きを行います。

この業務を人から依頼を受けて行えるのは、土地家屋調査士のみであり、特選業務として認可されているものです。
また、不動産を自分の所有物だと意思表示するための登記や、住宅ローンを借りる際にかならず求められる担保の登記をするには、
この表示の登記がしてあることが義務付けられていて条件となっています。
このように、不動産の表題登記は高度な測量技術が必要とされ、登記申請についての知識が豊富でないとこなせないものです。
つまり土地家屋調査士は、測量と表題登記においてプロフェッショナルなであるといえますね!
《境界について》
次に、近頃では、人々の間で土地の境界についての紛争が増えてきました。
土地は所有者の財産でもあるため、起訴まで起こす人も多々いるようです。
いまや、土地争いは近年における深刻な問題の一つです。
そこで、土地家屋調査士の業務はこのような紛争の直接の解決手段ではないのですが、はっきりしない境界をはっきりさせる手続き(筆界特定)を行うことが
できるのが土地家屋調査士であり、これも独占業務として認められています。
つまり、境界争いがある場面でも活躍できるのが土地家屋調査士なのです。
では、土地家屋調査士の仕事内容をフィールドワーク編とデスクワーク編に分けてみていきましょう。
《フィールドワーク編》
まずは、フィールドワークから始めないといけません。
不動産の面積や形状(土地、建物)所在地や状況などの状態を公示するために対象となる物件の調査や測量に出かけます。
つまり、情報材料の収集をしなければ何も出来ないということですね。

一般的な土地であれば、境界杭の位置を確認して面積等を測量したり、境界杭が定まっていないような場合にはこの位置を決めたりするための測量を行います。
また、建物であれば、土地との位置関係や階ごとの形状などを測量します。

測量機材を持ち込み、座標を取ったり、隣に住む方々と協議したり、境界表を設置したりすることが土地家屋調査士のフィールドワークとなっています。
このような作業を終えた次は、デスクワークに突入です!
デスクワークでは、フィールドワークで調査、測量したものをきちんと図化します。
そして、図化したものと登録申請書をともに法務局に提出することによって、やっと不動産の表題登記を申請することが出来ます。
《デスクワーク編》
土地家屋調査士のデスクワークは、フィールドワークで調査、測量されたものなしでは、何も出来ないので、
基盤となるフィールドワークでの仕事をミスなくこなさないといけませんね。
このようにデスクワークの仕事は主に、図面を作成したり、申請書や添付書類を作成したりといったことになります。

土地家屋調査士

測量士補